資格をとる | 医学部予備校の魅力や個別指導、家庭教師の魅力などについて。

医学部予備校の魅力や個別指導、家庭教師の魅力などについて。

資格をとる

保育士と幼稚園教諭の資格

現在保育士不足が叫ばれており保育士を育成しようと、国家試験の年間回数を増やしたり、幼稚園教諭のみ取得している場合期限付きで保育士資格が取得できる特例制度を設けたりしている。今後日本では、幼稚園・保育園が統合され「こども園」になっていくとされており、先に述べた特例制度では保育士資格のみの場合幼稚園教諭2種が取得できる。保育士とともに幼稚園教諭の重要性も取りざたされるべきではないだろうか。保育士資格はは専門学校で取得することができる。幼稚園教諭は通常短期大学または4年制大学。あるいは大学の通信教育部と提携している専門学校でなければ免許は取得できない。そして幼稚園教諭1種に関しては通常4年制大学を卒業しなければ免許の取得ができないのだ。そういった環境の中で取得するのだから幼児教育の仕事に就くとき、他社との差別化につながるのではないかと考える。

大学で幼児教育を学んだことを武器に

専門学校でも幼稚園教諭2種は取得できる。しかし、1種となると4年制の大学で幼児教育について学ぶことになり、より専門的に学ぶ必要がある。これからの時代、幼稚園・保育園の区別がなくなり幼稚園教諭・保育士がすみ分けなく幼児教育に携わる時代がやってくる。そうなった場合、就職試験で幼稚園教諭1種を取得しているのといないのとでは有利さが数段上がるのではないか。資格だけにとらわれずとも4年間じっくりと学べる環境にあることは、確実で豊富な知識を身につけ、またさまざまな経験を重ね、自信をもって幼児教育の現場に立てるようにしていく素晴らしいことなのだ。専門学校や短期大学が悪いというのではない。ただ、大学で幼児教育を学び幼稚園教諭1種を取得することは、社会で幼児教育にリーダーとして自信をもって携わっていけるだろう。